イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのノートPCを紹介するサイトです。

Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

Adobe CC 推奨ノートパソコンの比較【イラスト】【写真加工】【画像処理】

今回は、
Adobe社「Adobe Photoshop」や「Adobe illustrator」、「inDesign」といった製品を快適に利用できるノートパソコンを見ていきたいと思います。

お急ぎの方のために

Adobe製品が快適に動作するおすすめのノートパソコン


DAIV-NG4500E2-SH2 [ Windows 10 搭載]
持ち運びが多くてしかも性能も必要なら
マウスコンピューターのこちらがおすすめですね。


【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG7700M1-M2S10[クリエイターノートPC]

性能を求めるならこちら

これ以上の本格的なものを探すならまだありますが、
このあたりを目安にしておくと良いかと。

Adobeのソフトウェアを快適に利用できるパソコンとは

Adobe製品を快適に利用するためには、必要なスペックとは、どういったものでしょうか?

Adobe社の公式サイトから、見てみます。

CPU :Intel® Core 2 または AMD Athlon® 64 プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)
OS  :Microsoft Windows 7 Service Pack 1 日本語版、Windows 8.1 または Windows 10 日本語版(バージョン 1607 以降)
メモリ:2 GB 以上の RAM(8 GB を推奨)
記憶領域:32-bit 版インストールの場合は 2.6 GB 以上のハードディスク空き容量、64-bit 版インストールの場合は 3.1 GB 以上のハードディスク空き容量。なお、インストール時にはさらなる空き容量が必要(大文字小文字が区別されるファイルシステムを使用するボリュームにはインストール不可)
画面表示:1024x768 以上の画像解像度をサポートしているディスプレイ(1280x800 以上を推奨)および 16-bit カラー、512 MB 以上の専用 VRAM(2 GB 以上)を推奨*
グラフィックス:OpenGL 2.0 対応システム

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/system-requirements.html

Photoshop の必要システム構成

これだけを見ると、どんなノートパソコンでも大丈夫そうですね。
ただこれは、あくまで必要最低限ということです。

ですのでソフトウェアメーカーの推奨値の倍ぐらいが快適に利用できる値となります。
とすると、
導き出されるのは

CPU:Core i5以上
メモリ:16GB以上
グラフィックス:専用グラフィックス搭載

となります。

なぜそうなるか説明しておくと
メーカーが推奨しているスペックを読み解きます。

CPU

CPUが「Intel Core 2」となっていますが、現在こういったCPUは販売されていません。
「Core 2」というのは頭脳となるコアとよばれるものが2つあるものでした。

現在、販売されているCPUでこのコアが倍の4つあるCPU
これが推奨と考えます。
現在、販売されるCPUでコアが4つ以上あるノートパソコン用CPUは
「Core i3」

結果、CPUは「Core i5」以上を推奨します。

メモリ

メモリについては、
Adobeの推奨が「8GB」と書いてあるので、倍の16GBを推奨します。

グラフィックス

グラフィックスについては、「OpenGL 2.0 対応システム」となっています。

これはいったい何でしょうか?

OpenGL(オープンジーエル、Open Graphics Library)は、クロノス・グループ (英: Khronos Group) が策定している、グラフィックスハードウェア向けの2次元/3次元コンピュータグラフィックスAPIである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/OpenGL

OpenGL - Wikipedia

また、
専用グラフィックスが利用に必要なのでしょうか?

Photoshop で互換性のあるグラフィックプロセッサー(グラフィックカード、ビデオカード、または GPU など)を使用すると、パフォーマンスと機能の改善を体験できます。また、お使いのコンピューターのグラフィックプロセッサーまたはそのドライバーが Photoshop と互換性がない場合は、表示の問題、パフォーマンスの問題、エラー、またはクラッシュが発生する可能性があります。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/photoshop-cc-gpu-card-faq.html

Photoshop でグラフィックプロセッサー(GPU)カードに関するよくある質問

とありますが、動作確認しているものには、

Intel® HD Graphics: P530、P630、5000
Intel® Iris Pro Graphics: P5200、P6300、P580

と通常のCPU内蔵グラフィックスでも動作確認が取れています。
ただし、CPU内蔵グラフィックスは
「とりあえず動作します」
というレベルですので、専用グラフィックスを搭載したノートパソコンのほうが快適となります。

・Intel Iris Pro Graphics
・Intel HD Graphics
については、CPU内蔵ですのでそれ以外の

・NVIDIA GeForce
・NVIDIA Quadro

を対象として考えます。

ただし、
NVIDIA Quadro
については高額であり、プロの方が専用パソコンを探されている方向けとなります。

興味のある方下記を参照してください。

https://creators-notepc.net/quadro-pc

【プロ仕様】Quadro搭載クリエイターパソコンのおすすめは?比較してみた【CAD/AdobeCC】 | Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

https://creators-notepc.net/quadro-pc

Adobe CC推奨クリエイターノートパソコン:マウスコンピューター

クリエーターノートPCの売れ筋ランキングとしては、以下のとおり(2019/4/2現在)

1位


DAIV-NG4500E2-SH2 [ Windows 10 搭載]

基本構成
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i7-7700HQ
グラフィックス:GeForce® GTX 1050
メモリ:16GB PC4-19200
M.2 SSD:256GB
ハードディスク:1TB
液晶パネル:14型 フルHDノングレア
無線:IEEE802.11ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
マウス:【数量限定/キャンペーン】Logicool 静音ワイヤレスマウス M220GR

14インチとモバイル向きのクリエイターノートPCです。
重さが、約 2.2kgとノートパソコンとしては重いのですが、
専用グラフィックスを搭載しているので、しょうがないかと。

2位


【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG5510H1-M2SH5[クリエイターノートPC]

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-8750H
グラフィックスGeForce® GTX 1050
メモリ32GB PC4-19200
M.2 SSD512GB NVMe対応
ハードディスク1TB
液晶パネル15.6型 フルHDノングレア
無線インテル® Wireless-AC 9560 + Bluetooth 5モジュール内蔵

高速なM.2 SSDを搭載した15.6インチのクリエイター向けノートPCです。
ポイントは、1位の14インチのノートパソコンと重量はほぼ同等。
1位の製品が第7世代のCPUを搭載していることから、こちらが今後後継製品となりそうですね。

3位


【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG5800U1-M2SH5[クリエイターノートPC]

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-8750H
グラフィックスGeForce RTX™ 2060
メモリ32GB PC4-19200
M.2 SSD512GB Intel 660p NVMe対応
ハードディスク2TB
液晶パネル15.6型 フルHDノングレア
無線インテル® Wireless-AC 9560 + Bluetooth 5モジュール内蔵

こちらは、2位のモデルからグラフィックスと記憶装置を強化したモデル。
価格差を考えると、妥当なライン。
性能重視ならこちら。
価格なら2位のモデルを選ぶと良いでしょう。

持ち運ぶ予定があるなら、
DAIV-NG4500E2-SH2 [ Windows 10 搭載]
ないなら、

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG5510H1-M2SH5[クリエイターノートPC]
か、

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG5800M1-S5[クリエイターノートPC]
また、ランキング外ですが
大画面の
【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG7700M1-M2S10[クリエイターノートPC]
という風に選べばよいと思います。

Adobe CC推奨クリエイターノートパソコン:ドスパラ

最新ランキングは
クリエイター向けノートパソコン(PC)の通販・価格/性能比較|ドスパラ通販【公式】

こちらから確認できます。

クリエイター向けノートPCとして、



raytrek-V Adobe CC推奨モデル VF-HEKS レイトレック-V VF-HEKS

Adobe CC推奨モデル。
こちらは、 GeForceのモバイル用であるMX150を搭載。
GTX 1050と同等の性能と考えると、これはありですね。




raytrek GCF1050TGF-E レイトレック GCF1050TGF-E

こちらは、GTX 1050Tiを搭載しておりノートPCとしてはありかと。

Adobe CC推奨クリエイターノートパソコン:パソコン工房

パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」
パソコン工房はかなりジャンルが細かく分かれているので、目的別に探すには便利です。
ただ、スペックがアンバランスなものも見受けられるので、そのあたりの注意が必要です。


SENSE-17FH054-i7-UHSS-DevelopRAW [Windows 10 Home]

こちらは、LightRoom用ですが参考に。
専用グラフィックスは搭載していませんが、17インチと作業は快適にできそうです。

最後に

いくつか見てきましたが、選びやすいのは、
「マウスコンピューター」ですね。

ドスパラはゲーム用とモデルが兼用でクリエイターモデルとのすみわけが難しいと感じました。

パソコン工房は、探しにくいです。
販売されているパソコンについては、マウスと競合する部分も多いですが、
ラインアップの多さがメリットでもありデメリットとなります。

結果、
マウスコンピューターの

DAIV-NG4500E2-SH2 [ Windows 10 搭載]
が持ち運び用に向いていますし、

上のモデルと同等の重量でありながら、
コストパフォーマンスに優れた、

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG5510H1-M2SH5[クリエイターノートPC]

性能と使い勝手を求めると

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG7700M1-M2S10[クリエイターノートPC]
向いてますね。

ではでは。

なお、動画編集用のPCを探しているなら

https://creators-notepc.net/movie-notepc

「Adobe Premiere」「Power Director」「Video Studio」におすすめな動画編集用ノートPC3選!【マウスコンピューター/DAIV】【ドスパラ/Raytrek】【パソコン工房/sense∞/iiyama】から比較 | Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

も参考に。

更新日:

Copyright© Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.