ソフトウェアから選ぶ

ペイントツールSAIが快適なノートPCおすすめ3選

クリエイターPCの中でも、イラスト作成向けペイントソフト「ペイントツールSAI」を快適に利用できるノートPCの選び方とおすすめを紹介しています。

ペイントツールSAIにおすすめモデル

マウスコンピューター
Intel Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 / 256GB SATA SSD / Intel UHD Graphics / Intel Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 14.0型 フルHDノングレア / 約 1.13kg
1.13kgと持ち運びも可能なマウスコンピューターの14インチのノートPC。

マウスコンピューター
Core i7-12650H / 32GB PC4-26500 / 1TB NVMe対応 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce MX350 / 約 1.97kg
標準モデルですが、専用グラフィックス「GeForce MX550」を搭載しており追加でディスプレイを接続しても快適に作業ができます。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.49kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3050Laptopを搭載した16インチのノートPC
メモリは16GB、記憶装置は512GB NVMe M.2 SSDと標準的。
重量は、専用グラフィックスを搭載したモデルとしては、1.49kgと軽量な部類。
イラストやDTPだけでなく、動画編集も可能なノートPCです。

マウスコンピューター
Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.57kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
メモリが少ないので、最低でも16GBへ増やしておきたいところです。


ペイントツールSAIの動作環境

まず、最初に確認しておきたいのが、ソフトに必要なスペックです。

OS Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
* 64bit Windowsでも動作可
CPU MMX対応 Pentium 450MHz以上
メモリ Windows 2000 … 128MB以上
Windows XP … 256MB以上
Windows Vista以降 … 1GB以上
ストレージ空き領域 512MB以上の空き容量
ビデオ 1024x768 1677万色
対応機器 WinTab互換タブレット

SYSTEMAX Software Development - ペイントツールSAI

これを見る限り、CPUは特に制限がありませんが、Core i5以上がよさそうです。
メモリは4GB以上を推奨が条件になります。

現在販売されているPCならほとんど問題ないでしょう。

あとは、その他併用するソフトウェアになにを利用するかを注意したほうが良いです。

ペイントツールSAIにおすすめなノートPC

それでは、ペイントツールSAIおすすめなノートPCについてです。

・マウスコンピューター
・パソコン工房
・日本HP

ペイントツールSAIにおすすめなノートPC(マウスコンピューター)

マウスコンピューターからは4モデル紹介

マウスコンピューター
Intel Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 / 256GB SATA SSD / Intel UHD Graphics / Intel Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 14.0型 フルHDノングレア / 約 1.13kg
専用グラフィックスが搭載されていませんが、いろいろとやってみたいけど、あまり高いのはちょっとという方や初めての方にもお勧めなモデルです。

マウスコンピューター
Core i7-12650H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / GeForce MX550 /15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル/ 1,920x1,080/ LEDバックライト) / 約 1.97kg

Intel Core i7とGeForce MX550を搭載した15.6インチのスタンダードノートPC

メモリは16GB記憶装置は512GB重量は1.97kgと標準的なスペックです。

また専用ぐらいフィックスGeForce MX 550は、CPU内蔵グラフィックスを搭載したモデルよりAdobe PhotoshopやLightroomを快適に利用できます。

入門機としては十分なノートPCです。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.49kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3050Laptopを搭載した16インチのノートPC
メモリは16GB、記憶装置は512GB NVMe M.2 SSDと標準的。
重量は、専用グラフィックスを搭載したモデルとしては、1.49kgと軽量な部類。
イラストやDTPだけでなく、動画編集も可能なノートPCです。

マウスコンピューター
Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.57kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
メモリが少ないので、最低でも16GBへ増やしておきたいところです。

ペイントツールSAI推奨ノートPC(パソコン工房)

パソコン工房では現在1機種を紹介。

パソコン工房
Intel Core i7-1165G7 / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / Iris Xe Graphics /15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 2.08kg
第11世代 Intel Core i7とIris Xe Graphicsを搭載した14インチノートPC
上記モデルからCPUをIntel Core i7へ変更したノートPCです。
価格差を考えると、こちらがおすすめ。

ペイントツールSAIにおすすめなノートPC(日本HP)

15インチフルHD液晶とIntel Iris Xeを搭載したノートPC
メモリは16GBとイラストを行うには十分なレベル。
ゲームはしないけど、インターネットやメールもしながらイラストも楽しみたい方がエントリー向けとして選ぶとよいでしょう。

ヒューレット・パッカード(HP)
¥250,000 (2023/02/01 11:39:32時点 Amazon調べ-詳細)
GeForce GTX 1650 Ti with Max-Q designを搭載した15.6イン4Kディスプレイを搭載したノートPC。
性能的には、ゲーム用というより、クリエイター向けのスペックとなっています。
標準でメモリ16GBですので、イラストだけでなくほかのクリエイティブ作業にも利用できます。

日本HP
Intel Core i7-12700H / 32GB (16GB×2) DDR5-4800MHz (最大32GB) / 1TB SSD (PCIe Gen4x4 NVMe M.2) / IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6E対応)、Bluetooth 5.3 / NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop /  16.0インチワイド・WQXGA・IPSディスプレイ(2560×1600 / 400nit / 189ppi)テュフ・ラインランドEyesafe認定ディスプレイ / 約 2.67 kg
第12世代 Intel Core i7とi9、GeForce RTX 3060を搭載した16インチクリエイター向けノートPC
メモリは最新のDDR5と高速で32GBと十分ですが、最大容量が32GBと増やすことができないのは残念。
記憶装置は1TBと十分。マウスにワイヤレスマウスが搭載されているのはうれしいところです。

ペイントツールSAIにおすすめなノートPC(Lenovo)

Lenovo
AMD Ryzen 7 6800H / 16GB PC4-38400 DDR5 SDRAM SODIMM (8GBx2) / 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe / 16" WQXGA液晶 (2560 x 1600) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 300 nit, 165Hz, ブルーライト軽減パネル / NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU 4GB GDDR6 / 約 2.5kg
AMD Ryzen 7とGeForce RTX 3050 Tiを搭載した16インチノートPC
ゲーム用ですが、メモリは16GBと十分ですし、本格的なクリエイティブ作業を行うなら、メモリ32GB以上へカスタマイズしたいところです。
カスタマイズ不可なのが残念ですが、急いでいる方向け。

性能を求めるならマウスコンピューターがおすすめ

マウスコンピューター
Intel Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 / 256GB SATA SSD / Intel UHD Graphics / Intel Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 14.0型 フルHDノングレア / 約 1.13kg
1.13kgと持ち運びも可能なマウスコンピューターの14インチのノートPC。
内蔵グラフィックスですが、ペイントツールSAIなら十分な性能です。

マウスコンピューター
Core i7-12650H / 32GB PC4-26500 / 1TB NVMe対応 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce MX350 / 約 1.97kg
標準モデルですが、専用グラフィックス「GeForce MX350」を搭載しており追加でディスプレイを接続しても快適に作業ができます。
家族用や一人暮らしでノートPCを探している方にもおすすめなモデルです。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.49kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3050Laptopを搭載した16インチのノートPC
メモリは16GB、記憶装置は512GB NVMe M.2 SSDと標準的。
重量は、専用グラフィックスを搭載したモデルとしては、1.49kgと軽量な部類。
イラストやDTPだけでなく、動画編集も可能なノートPCです。

マウスコンピューター
Core i7-12700H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.57kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
メモリが少ないので、最低でも16GBへ増やしておきたいところです。

-ソフトウェアから選ぶ
-

© 2023 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介