ハードウェアから選ぶ

AdobeRGBカバー率98%、100%の液晶ディスプレイ搭載ノートPCを比較した結果のおすすめを紹介

AdobeRGBカバー率98%の液晶ディスプレイ搭載したクリエイターノートPCについて比較し、おすすめを紹介します。

おすすめのノートPC

Lenovo
Intel Core i5-11500H / 8GB PC4-25600 SODIMM / 256GB NVMe M.2 SSD / NVIDIA T1200 Laptop / 17.3型FHD液晶 (1920x1080) IPS、300nit、マルチタッチ非対応 / Intel Wi-Fi 6E AX210 + Bluetooth (vPro対応) / 約3.67kg
性能を求めるなら、こちらが良いでしょう。
17.3型4K UHDモデルを選択すると、Adobe RGBカバー率100%のディスプレイが選択できるだけでなく、カラー・キャリブレーションも可能です。

ヒューレット・パッカード(HP)
¥170,280 (2022/06/29 14:43:20時点 Amazon調べ-詳細)
こちらは、有機EL4KディスプレイAdobe RGB 100%と良いディスプレイを搭載しています。
グラフィックス性能は低いですが、イラストや写真加工には十分な性能です。
メモリが16GBと少ない為、上位モデルも検討すると良いでしょう。

日本HP
Intel Core i7-1165G7 / 64GB(32GB×2)3200MHz DDR4 / 2TB M.2 SSD (PCIe、NVMe、TLC) / 15.6インチ 4K UHD 液晶ディスプレイ(非光沢パネル、最大解像度 3840×2160、最大輝度 400cd/m²、最大1677万色、IPS方式、LEDバックライト、周辺光センサー、消費電力最小時1W) / Intel Iris Xe Graphics および NVIDIA T500(4GB GDDR6) / 約1.76 kg
こちらの「プレミアムパフォーマンスモデル」以上は有機EL 4Kディスプレイを採用しておりAdobe RGB 100%となります。


「Adobe RGB比」と「Adobe RGBカバー率」の違い

この「Adobe RGB比」と「Adobe RGBカバー率」とはどういった違いがあるのでしょうか?

https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_01/

ディスプレイメーカーである「EIZO」に詳しい説明があります。

液晶ディスプレイの色域を語る目安となる「面積比」表記と「カバー率」表記の違い。 Adobe RGBを例にすると、面積比では「Adobe RGB比100%」でも、カバー率にすると100%を下回ることが多い。実用に即しているのはカバー率なので、数字が大きいほどいいと勘違いしないようにしたい。

という説明があるように、Adobe RGBのカバー率が実際の色の再現率に影響してくることがわかります。

Adobe RGBカバー率が記載されていれば、わかりやすいのですがAdobe RGB比で記載されている場合は、目安として見るのが良いでしょう。

AdobeRGB比98%の液晶ディスプレイを搭載したクリエイターノートPC

情報については、随時更新いたします。

パソコン工房

パソコン工房からは、現在Adobe RGB 98%以上の製品は確認できませんでした。

AdobeRGB比100%の液晶ディスプレイを搭載したクリエイターノートPC

マウスコンピューター

マウスコンピューター
intel Core i9-11900K / 32GB PC4-25600 / 1TB (NVMe Gen4×4) M.2 SSD / GeForce RTX 2380 Laptop / 17.3型 4K-UHDノングレア (Adobe RGB比100%/ LEDバックライト) / 約 4.65kg
Adobe RGB比100%の17インチ4K-UHD液晶ディスプレイを搭載した高性能クリエイターPC
デスクトップ用Intel Core i7-10700とGeForce RTX 2080 SUPERを搭載しており現在販売されているノートPCでは最上位モデルといってよいでしょう。
重量は約 4.65kgとノートPCでも中々見ることのない重さ。持ち運びはかなり辛いですが、性能を重視される方向けです。

Lenovo/レノボ

レノボから2機種

Lenovo
Intel Core i5-11500H / 8GB PC4-25600 SODIMM / 256GB NVMe M.2 SSD / NVIDIA T1200 Laptop / 15.6型FHD液晶 (1920x1080) IPS、光沢なし / インテル Wi-Fi 6E AX210 + Bluetooth (vPro対応) / 約 2.74kg

4Kディスプレイを搭載した15.6インチノートPC
10bitカラーが表示できるQuadroを搭載し、Adobe RGB 100%のディスプレイのため、
写真の画質にこだわる方だけでなく、医療用やCADといったプロの方でも利用できるモデルですね。

Lenovo
Intel Core i5-11500H / 8GB PC4-25600 SODIMM / 256GB NVMe M.2 SSD / NVIDIA T1200 Laptop / 17.3型FHD液晶 (1920x1080) IPS、300nit、マルチタッチ非対応 / Intel Wi-Fi 6E AX210 + Bluetooth (vPro対応) / 約3.67kg

機能はそのままに、17インチと大きくなりました。
性能もノート用のCPUだけでなくXEONが選択できます。

マウスコンピューターと異なるのは、
GeForceかQuadroかですね。

日本HP

ヒューレット・パッカード(HP)
¥170,280 (2022/06/29 14:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

15.6インチ 4K OLED液晶とIntel Iris Xeを搭載したノートPC
DCI-P3カバー率100%ですが、Adobe RGBカバー率100%でもあり、色の再現率はとても良いです。
専用アプリで色域を変更できるのも良いですね。
ただ、メモリが16GBと少ないので気になる方はカスタマイズしておくとよいでしょう。


こちらの15.6インチ4K UHD 液晶ディスプレイを搭載した「プレミアムパフォーマンスモデル」と「エクスクルーシブモデル」の2機種
DCI-P3カバー率100%ですが、Adobe RGBカバー率100%でもあり、色の再現率はとても良いです。
違いは、NVIDIA Quadro RTX 4000 with Max-Q DesignかNVIDIA Quadro RTX 5000 with Max-Q Designを採用している点です。
メモリも64GBと大容量であり、動画編集も快適です。


こちらは、17.3インチ4K UHD 液晶ディスプレイをスタンダードモデルから搭載しています。
すべてDCI-P3カバー率100%のため、Adobe RGBカバー率100%となります。
なかでも上位モデル「プレミアムパフォーマンスモデル」と、「エクスクルーシブモデル」では「HP DreamColor」に対応したディスプレイを採用しているのもポイントです。

最後に

現時点で、ディスプレイにこだわったノートパソコンは、ほぼありません。
そんな中、ノートPCでここまでのもがあることに敬意を払いたいところです。

ヒューレット・パッカード(HP)
¥170,280 (2022/06/29 14:43:20時点 Amazon調べ-詳細)
メモリが少ないですが、こちらを確認しておくと良いでしょう。

性能を求めるなら、こちらが良いでしょう。

上記モデルより大画面が良いならこちらが良いでしょう。

-ハードウェアから選ぶ

© 2022 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介