Adobe Creative Cloud

Adobe LightroomによるRAW現像におすすめなクリエイターノートPCを比較した結果から紹介

本記事では、「Adobe Creative Cloud」のRAW現像に特化したソフトウェア「Adobe Lightroom Classic」におすすめなノートPCを比較した結果から紹介しています。

Lightroom ClassicにおすすめなクリエイターノートPC

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce MX350 / 約 2.06kg
期間限定 15,980円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
ノート用Core i7とGeForce MX350を搭載した15.6インチノートPC
さらに、高速なNVMe M.2SSDとHDD両方を搭載しており、データの保存も心配ありません。

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
Intel core i7とGeForce GTX 1650 Tiを搭載した15.6インチノートPC
メモリはシングルチャネルなのが気になりますが、32GBと十分。
イラストだけでなく、写真加工やRAW現像といったグラフィックデザインも快適で、1.53kgと軽量。
持ち運び用のクリエイター向けノートPCを探している方向け。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
写真加工やRAW現像といったグラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGもこなせるノートPCです。
迷った場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD/ 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.47kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
こちらは、標準でメモリが32GBとなっており、カスタマイズは必要ないでしょう。


なお、RAW現像だけだと高い性能は必要ありませんが、Photoshopなどで写真加工をするのであればこちらも参考に。


RAW現像で必要なPCのポイント

まず、RAW現像に利用するソフトウェアについてですが、
Adobe Lightroom Classic
SILKYPIX
あとは、カメラメーカーが提供するRAW現像ソフトを利用されているかと。

今回は、Adobe Lightroom Classicから必要なスペックを確認します。

Lightroom Classic の必要システム構成

プロセッサー インテル® または AMD プロセッサー(64-bit 対応)*; 2GHz 以上のプロセッサー
オペレーティングシステム Windows 10 日本語版
RAM 4 GB 以上の RAM(12 GB 以上を推奨)
ハードディスク容量 2 GB以上のハードディスク空き容量(インストール時に必要)
モニターの解像度 1,024x768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
グラフィックプロセッサーのアクセラレーション要件 AMD:Radeon GPU(DirectX 12 または OpenGL 3.3 サポート)
Intel:Skylake 以降の GPU(DirectX 12 サポート)
NVIDIA:DirectX 12 または OpenGL 3.3 サポートの GPU
GPU 関連機能用 OpenGL 3.3 および DirectX 10 対応ビデオアダプター
1 GB 以上の Video RAM(VRAM)2 GB 専用 VRAM(4 GB を推奨、4K や 5K などの大型で高解像度のモニター向け)

これだと良くわかりませんね。

CPU Core i5以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1650以上

これを現在販売されているPCに当てはめるとこちらが推奨となります。

これに合わせ記憶装置は、高速なSSDと大容量のHDDを搭載したモデルを推奨します。

物理的に1つのドライブだと、作成元データも一時作業領域も変換先データもすべて1つのドライブで作業することになります。
こうなると、作業自体に時間がかかるのもありますし、SSDのみだと容量不足の不安がありますし、HDD全体的な速度に不満が発生します。

できれば、高速なSSDを大容量で2つ搭載したモデルが良いのですが、そうなるとコストに跳ね返ります。
そのため、バランスが良いのがSSDとHDDの組み合わせとなるわけです。

さらにいえば、液晶ディスプレイについてです。
特に色にこだわる方が多いと思うので、Adobe RGBカバー率は選ぶポイントとし見ておくと良いでしょう。

RAW現像向けおすすめノートPCの選ぶポイント

選ぶポイントしては、

最重要 CPU、メモリ
重要 記憶装置(SSD)、液晶ディスプレイ
推奨 専用グラフィックス

これを実際の販売されているPCから見ておくと、下記のとおりとなります。

CPU 第10世代Core i5以上
メモリ 16GB
主記憶装置(SSD) 250GB
液晶ディスプレイ Adobe RGBカバー率98%以上
専用グラフィックス GeForce GTX MX250/GTX 1650以上

Adobe Lightroom Classic推奨ノートPC(日本HP)


15インチ液晶ディスプレイに、Intel Core i7とGeForce RTX 2060 with Max-Q Designを搭載したモデル。
SSDも2TBと潤沢ですし、メモリも32GB申し分ありません。

日本HP
Intel Core i7 10850H / 32GB 2666MHz DDR4 / 1TB M.2 SSD (PCIe、NVMe、TLC) / 15.6インチ 15.6インチ 4K UHD OLED 液晶ディスプレイ / NVIDIA GeForce RTX 2070 with Max-Q Design (8GB GDDR6) / 約1.9 kg

上記モデルとから性能を向上したモデル。
15インチ液晶ディスプレイに、Intel Core i7とGeForce RTX 2070 with Max-Q Designを搭載したモデル。
記憶装置は、1TBとなっていますが十分な性能です。

Adobe Lightroom Classic推奨ノートPC(マウスコンピューター)

DAIVというクリエイター向けブランドを展開しています。
実際利用した限りでは、高性能で高いレベルでバランスがとれています。

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce MX350 / 約 2.06kg
期間限定 15,980円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
15.6インチフルHD液晶を搭載したモデル。
ノート用CPUのCore i7が採用されていますしメモリも潤沢ですし、ストレージにはM.2 SSD 512GBとなっており容量不足の不安もないでしょう。

マウスコンピューター
Core i7-11800H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.45kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードノートPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
メモリが少ないので、最低でも16GBへ増やしておきたいところです。

Adobe Lightroom Classic推奨ノートPC(パソコン工房)

パソコン工房
Intel Core i5-1135G7 / DDR4-3200 (PC4-256300) 16GB(オンボード+8GB×1) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / Iris Xe Graphics / 約2.08kg(バッテリー含む)

14インチフルHD液晶ディスプレイにIntel Core i5とIntel Iris Xeグラフィックスを搭載したモデル。
1kgを切る重量で持ち運び用のノートPCを探している方向け。

パソコン工房
Intel Core i7-11800H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / 960GB Serial-ATA SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3050 4GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.5kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3050を搭載したクリエイター向け15.6インチノートPC
メモリは32GBと十分ですし、記憶装置はSSDとHDDのデュアルストレージで、バランスの良いモデルです。

最後に

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce MX350 / 約 2.06kg
期間限定 15,980円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
ノート用Core i7とGeForce MX350を搭載した15.6インチノートPC
さらに、高速なNVMe M.2SSDとHDD両方を搭載しており、データの保存も心配ありません。

マウスコンピューター
intel Core i7-1165G7 / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 14型 フルHDノングレア / GeForce GTX 1650 Ti / インテル® Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 1.43kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650 Tiを搭載した14インチクリエイターノートPC
イラストやRAW現像、DTPにも十分な性能ですが、メモリが16GBと心もとないので、カスタマイズしておきたいところです。
持ち運び用のノートPCでも性能を妥協したくない方向け。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
写真加工やRAW現像といったグラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGもこなせるノートPCです。
迷った場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD/ 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.47kg
Intel Core i7とGeFroce GTX 1650を搭載した17.3インチ液晶を搭載したスダンダードPC
常用する電源ケーブルは背面に集中しており、邪魔にならない構成です。
スライドパッドには、指紋認証が搭載されておりセキュリティにも配慮されています。
こちらは、標準でメモリが32GBとなっており、カスタマイズは必要ないでしょう。

-Adobe Creative Cloud
-

© 2022 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介