Adobe Creative Cloud

Adobe After Effectsが快適なノートPCおすすめ3選

Adobeソフトウェアの中でも映像加工に特化した「Adobe After Effects」が快適に利用できるノートPCについて、確認しました。

Adobe After EffectsにおすすめなノートPC3選

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3050 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

カスタマイズで、SSDを追加できるのも良いですね。

グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも快適なバランスの良いノートPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

メモリは32GB、記憶装置には高速なNVMe M.2SSD 1TBと容量不足に悩むこともないでしょう。

グラフィックデザインだけでなく本格的な動画編集をされる方でも満足いく性能で、悩んだ場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

ゲーミングノートPCですが、メモリが32GBと潤沢でグラフィック性能が上記モデルより高く、グラフィック性能を要求される動画編集や3DCGでも快適です。

少しでも短時間で処理を終わらせたいなら、こちらがおすすめです。

Adobe After Effectsの公式推奨スペック

まず、必要なスペックについて、公式サイトから見てきます。

推奨仕様
プロセッサー Intel または AMD クアッドコアプロセッサー
(マルチフレームレンダリングには 8 コア以上を推奨します)。
オペレーティングシステム Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降
RAM 32 GB を推奨
GPU 4 GB 以上の GPU VRAM を推奨
NVIDIA GPU を搭載した Windows 11 コンピューターを使用している場合は、バージョン 472.12 にアップグレードする必要があります。
ハードディスクの空き容量 15 GB のハードディスク空き容量。インストール時には追加の空き容量が必要
(取り外し可能なフラッシュストレージデバイスにはインストール不可)
ディスクキャッシュ用の追加のディスク空き容量(64 GB 以上を推奨)
モニターの解像度 1280 x 1080 以上の表示解像度
インターネット 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。

After Effects User Guide

こちらは、「適用対象:After Effects 22.5(2022年6月)リリース」の情報です。

必須実スペック

こちらが必要スペックから見た実際のスペックとなります。

CPU Intel Core i5以上
AMD Ryzen 5以上
メモリ 16GB以上(32GB推奨)
ストレージ NVMe M.2 SSD 500GB以上
グラフィックス 必須:GeForce MX 350以上
推奨:GeForce GTX 1650以上

CPUについて明確な記載がありませんが、こういったクリエイティブな作業をするときの最低ラインとして、
「Core i5」
を基本とします。

ストレージについては、キャッシュ用に追加のディスク容量の記載があり
メインとは別のドライブを用意し利用するのが良いため
高速なメイン記憶装置と、キャッシュやデータ保存などで利用するHDDといったのサブの記憶装置
という結果になります。

推奨実スペック

CPU Intel Core i7以上
AMD Ryzen 7以上
メモリ 32GB以上(64GB推奨)
ストレージ NVMe M.2 SSD 500GB以上
グラフィックス GeForce RTX 3050以上

Adobe After Effects 推奨ノートPC:マウスコンピューター

DAIV 5P-H

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg

DAIV 5P-Hのおすすめポイント

☑第11世代Intel Core i7&GeForce RTX 3050搭載
☑100万画素WEBカメラ
☑動作時間(標準バッテリー使用時最大)約 9.0時間
☑税込209,800円~
☑決済日より約3営業日で出荷
15.6インチフルHD液晶とGeForce GTX 1650を搭載したコスパの良いゲーミングモデル。
メモリをカスタマイズすれば、PhotoshopやLightroom Classicを利用するなら十分なレベルです。
SSDのサイズが気になるようであれば、限定モデルを選ぶとよいでしょう。

DAIV 5N

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg

DAIV 5Nのおすすめポイント

☑第10世代Intel Core i7&GeForce RTX 3060 Laptop搭載
☑100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載) Webカメラ
☑動作時間(標準バッテリー使用時最大)約 7.5時間
☑sRGB比換算約100%
☑税込252,780円~
☑決済日より約3営業日で出荷

CPUの性能は上記「DAIV 4N」と比較し、かなり高性能。
※CINEBENCH R23 ベンチマーク結果で比較し、1.8倍の結果。

標準で搭載されているSSDもNVMe M.2 SSDを搭載されおり十分高速です。さらに、NVMe M.2 SSD追加しのデュアルストレージといった構成も可能です。

専用グラフィックスはGeFofrce RTX 3060は前モデル(GeForce RTX 2060)より性能が向上しており、動画編集がより快適になりました。

グラフィックデザインだけでなく動画編集をする方でも十分満足いく性能で、悩んだ場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

G-Tune H5(32GB)

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg

G-Tune H5(32GB)のおすすめポイント

☑第11世代Intel Core i7&GeForce RTX 3070 Laptop搭載
☑100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載)WEBカメラ
☑動作時間(標準バッテリー使用時最大)約 10.0時間
☑税込279,800円~
☑決済日より約7営業日で出荷

Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
メモリも32GBと十分ですし、SSDも1TBと十分。
悩んだらこちらが良いでしょう。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:パソコン工房

SENSE-17FX152-i7-NAPXS [Windows 10 Home]

パソコン工房
Intel Core i7-11800H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / 960GB Serial-ATA SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3050 4GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.5kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3050を搭載したクリエイター向け15.6インチノートPC
メモリは32GBと十分ですし、記憶装置はSSDとHDDのデュアルストレージで、バランスの良いモデルです。

SENSE-15FR171-i7-UAZX 【Windows 11 Home】

パソコン工房
Intel Core i7-12700H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.02kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
メモリは32GBと十分。グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも十分な性能です。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:日本HP

HP ENVY 15-ep

Windows 10 Proを採用した15.6インチノートPC
CPUには、Intel Core i7とCore i9の搭載モデルがあり、メモリは32GB、記憶装置には大容量SSDを搭載しているのもポイントです。
専用グラフィックスにはノート用GeForce RTX 3060 Laptopを搭載しており、動画編集といった作業も十分にこなせます。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:Lenovo

Legion 560(15)

Lenovo
AMD Ryzen 5 5600H / 16GB PC4-25600 DDR4 SDRAM SODIMM (8GBx2) / 512GB SSD / 15.6型 FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 250 nit, 120Hz, 狭額縁 / NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6 / 約 2.2kg
AMD Ryzen 5とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
ゲーム用ですが、メモリは16GBと十分です。
価格を抑えた動画編集や3DCG加工用のノートPCを探している方におすすめなモデルです。

Lenovo ThinkPad P1 Gen 4 - ブラック

Lenovo
Intel Core i7-11800H / 16GB PC4-25600 SODIMM / 512GB NVMe M.2 SSD / NVIDIA A2000 / 16.0型WQXGA液晶 (2560x1600) IPS、光沢なし / Intel Wi-Fi 6 AX210 + Bluetooth (vPro対応) / 約 1.86kg
Intel Corei7とNVIDIA Quadroを搭載した15.6インチノートPC
NVIDIA RTX/Quadro RTX搭載したノートPCは珍しいので、NVIDIA RTX搭載モデルを探している方向け。
NVIDIA RTX A2000を選択できるのも珍しいです。

最後に

確認した各モデルからおすすめを選ぶとなると下記3モデル。

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3050 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

カスタマイズで、SSDを追加できるのも良いですね。

グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも快適なバランスの良いノートPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

メモリは32GB、記憶装置には高速なNVMe M.2SSD 1TBと容量不足に悩むこともないでしょう。

グラフィックデザインだけでなく本格的な動画編集をされる方でも満足いく性能で、悩んだ場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

ゲーミングノートPCですが、メモリが32GBと潤沢でグラフィック性能が上記モデルより高く、グラフィック性能を要求される動画編集や3DCGでも快適です。

少しでも短時間で処理を終わらせたいなら、こちらがおすすめです。

-Adobe Creative Cloud
-

© 2022 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介