Adobe Creative Cloud

Adobe After EffectsにおすすめなクリエイターノートPCを比較した結果から紹介

Adobeソフトウェアの中でも映像加工に特化した「Adobe After Effects」が快適に利用できるノートPCについて、確認しました。

Adobe After EffectsにおすすめなノートPC3選

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/06 10:59まで

Intel Core i7とGeForce RTX 3050 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

カスタマイズで、SSDを追加できるのも良いですね。

グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも快適なバランスの良いノートPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

メモリは32GB、記憶装置には高速なNVMe M.2SSD 1TBと容量不足に悩むこともないでしょう。

グラフィックデザインだけでなく本格的な動画編集をされる方でも満足いく性能で、悩んだ場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/6 10:59まで

Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

ゲーミングノートPCですが、メモリが32GBと潤沢でグラフィック性能が上記モデルより高く、グラフィック性能を要求される動画編集や3DCGでも快適です。

少しでも短時間で処理を終わらせたいなら、こちらがおすすめです。


ASUS クリエイター向け製品

Adobe After Effectsの推奨スペック

まず、必要なスペックについて、公式サイトから見てきます。

推奨仕様
プロセッサー Intel または AMD クアッドコアプロセッサー
(マルチフレームレンダリングには 8 コア以上を推奨します)。
オペレーティングシステム Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降
RAM 32 GB を推奨
GPU 4 GB 以上の GPU VRAM を推奨
NVIDIA GPU を搭載した Windows 11 コンピューターを使用している場合は、バージョン 472.12 にアップグレードする必要があります。
ハードディスクの空き容量 15 GB のハードディスク空き容量。インストール時には追加の空き容量が必要
(取り外し可能なフラッシュストレージデバイスにはインストール不可)
ディスクキャッシュ用の追加のディスク空き容量(64 GB 以上を推奨)
モニターの解像度 1280 x 1080 以上の表示解像度
インターネット 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。

After Effects User Guide

こちらは、「適用対象:After Effects 22.0(2021年10月)リリース」の情報です。

こちらが必要スペックから見た実際のスペックとなります。

CPU Intel Core i5以上
AMD Ryzen 5以上
メモリ 16GB以上(32GB推奨)
ストレージ NVMe M.2 SSD 500GB以上
グラフィックス 必須:GeForce MX 350以上
推奨:GeForce GTX 1650以上

CPUについて明確な記載がありませんが、こういったクリエイティブな作業をするときの最低ラインとして、
「Core i5」
を基本とします。

ストレージについては、キャッシュ用に追加のディスク容量の記載があり
メインとは別のドライブを用意し利用するのが良いため
高速なメイン記憶装置と、データやキャッシュなどで利用するHDDのサブの記憶装置
という結果になります。

Adobe After Effects 推奨ノートPC

前項で、必要となるスペックを見てきました。
スペックは
CPU   :Core i5
メモリ ;8GB以上
記憶装置:SSD 250GB、HDD 1TB以上
併せて、専用グラフィックスを搭載したモデルを見てみます。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
Intel Core i7とGeForce GTX 1650 Tiを搭載したクリエイターノートPC。
重量は15インチの1.53kgと専用グラフィックスを搭載したモデルとしては軽量な部類です。

マウスコンピューター
Core i7-10750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD/ 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.47kg
こちらは、17インチのスタンダードノートPC
メモリは32GBと十分です。
記憶装置には高速なSSDだけでなくHDDも搭載しているので容量不足もん心配ありません。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg
期間限定 25,980円OFF!! 2022/07/06 10:59まで
マウスコンピューターのクリエイターノートPC
Core i7とGeForce RTX 3060を採用した高性能モデル。
メモリは16GBとなっており、少し少な目です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg
上記モデルの限定モデル。
メモリも32GBとなっているだけでなく、SSDのサイズが1TBと大容量。
バランスを考えるなら、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/6 10:59まで
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチ
イラストや写真加工だけでなく、動画編集には十分なスペックです。
メモリも32GB、SSDも1TBと十分です。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:パソコン工房

パソコン工房
Intel Core i7-11800H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / 960GB Serial-ATA SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3050 4GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.5kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3050を搭載したクリエイター向け15.6インチノートPC
メモリは32GBと十分ですし、記憶装置はSSDとHDDのデュアルストレージで、バランスの良いモデルです。

パソコン工房
Intel Core i7-12700H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.02kg(※バッテリー含む)
最新の「GeForce RTX 3070」を搭載しており、高性能で快適です。
ただ、メモリが16GBと少なめなので32GB以上へカスタマイズしておくとさらに快適です。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:日本HP

15.6インチノートPCで、Intel Core i7とRTX 2060 Max-Q Designを搭載したモデル。
4Kディスプレイを搭載しているの数少ないモデルです。

日本HP
Intel Core i7 10850H / 32GB 2666MHz DDR4 / 1TB M.2 SSD (PCIe、NVMe、TLC) / 15.6インチ 15.6インチ 4K UHD OLED 液晶ディスプレイ / NVIDIA GeForce RTX 2070 with Max-Q Design (8GB GDDR6) / 約1.9 kg

日本HPのクリエイター向けノートPC。
上記モデルより高性能な、GeForce RTX 2070 Max-Q Designを搭載したモデル。
メモリを64GBまで強化しておけば不満を感じることはないでしょう。

Adobe After Effects 推奨ノートPC:Lenovo

Lenovo
AMD Ryzen 5 5600H / 16GB PC4-25600 DDR4 SDRAM SODIMM (8GBx2) / 512GB SSD / 15.6型 FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 250 nit, 120Hz, 狭額縁 / NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6 / 約 2.2kg
Intel Core i7とGeForce RTX 2080 Max-Qを搭載した15.6インチノートPC
ゲーム用ですが、メモリは32GBと十分です。

最後に

確認した各モデルからおすすめを選ぶとなると下記3モデル。

マウスコンピューター
intel Core i7-11800H / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 3050 Laptop / 15.6型 フルHDノングレア / 約 1.73kg

Intel Core i7とGeForce RTX 3050 Laptopを搭載した15.6インチノートPC

カスタマイズで、SSDを追加できるのも良いですね。

グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも快適なバランスの良いノートPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 1.73kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチのクリエイターノートPC
バランスも良いので、迷ったらこちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i7-11800H / 32GB (16GB×2 デュアルチャネル) / 1TB (NVMe対応) / 15.6型 フルHD ノングレア(240Hz) / GeForce RTX 3070 Laptop / 約2.23kg
期間限定 20,000円OFF!! 2022/07/6 10:59まで
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチ
イラストや写真加工だけでなく、動画編集には十分なスペックです。
メモリも32GB、SSDも1TBと十分です。
性能を求める方向け。

-Adobe Creative Cloud
-

© 2022 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介