Adobe After Effects推奨ノートPCを比較した結果おすすめを紹介

Adobeソフトウェアの中でも映像加工に特化した
「After Effects」
が快適に利用できるノートPCについて、
ドスパラ

クリエイター向けブランド 「DAIV」 TOP
パソコン工房 -クリエイター向けパソコン-
から見ていきます。

なお、購入するなら

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)

入門機ならドスパラのこちら。


もう少し高性能なモデルとしてはこちら。

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

性能とバランスの良いマウスコンピューターのこちらがおすすめです。

Adobe After Effectsのメーカー推奨スペックを確認

まず、必要なスペックについて、公式サイトから見てきます。

After Effects の必要システム構成
After Effects の必要システム構成

Mac OS および Windows 向け Adobe After Effects の最小/推奨必要システム構成の詳細。

続きを見る

必要構成
プロセッサー 64 ビットをサポートするマルチコア Intel プロセッサー
オペレーティングシステム Microsoft Windows 10(64 ビット)バージョン 1703(Creators Update)日本語版以降
RAM 16 GB 以上(32 GB を推奨)
GPU GPU VRAM 2 GB.
After Effects を使用している場合は、NVIDIA ドライバー 430.86 以降にアップデートすることを強くお勧めします。このバージョンより前のドライバーには、クラッシュが発生する可能性がある既知の問題があります。
ハードディスクの空き容量 5 GB の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(外付けフラッシュストレージデバイス上にはインストール不可)
ディスクキャッシュ用の追加のディスク容量(10 GB を推奨)
モニターの解像度 1280 x 1080 以上の表示解像度
インターネット 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

こちらは、「適用対象:2019 年 11 月(17.0)リリース」

こちらから必要スペックを見ると、
CPU  :Core i5 以上
メモリ:16GB以上
ストレージ:SSD 250GB、HDD1TB 以上
グラフィックス:GeForce MX250
という構成となります。

CPUについて明確な記載がありませんが、こういったクリエイティブな作業をするときの最低ラインとして、
「Core i5」
を基本とします。

ストレージについては、キャッシュ用に追加のディスク容量の記載があり
メインとは別のドライブを用意し利用するのが良いため
高速なメイン記憶装置と、データやキャッシュなどで利用するHDDのサブの記憶装置
という結果になります。

Adobe After Effects 推奨ノートPC

前項で、必要となるスペックを見てきました。
スペックは
CPU   :Core i5
メモリ ;8GB以上
記憶装置:SSD 250GB、HDD 1TB以上
併せて、専用グラフィックスを搭載したモデルを見てみます。

Adobe After Effects 推奨ノートPC(ドスパラ)

エントリーモデル

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)

現在、ノートPCのラインアップが少ないのですが、
ノート用専用グラフィックス搭載したこちらのモデルが良いでしょう。

なお、ドスパラで現在売れている最新ランキングは
クリエイター向けノートパソコン(PC)の通販・価格/性能比較|ドスパラ通販【公式】

こちらから確認できます。

Adobe After effects 推奨ノートPC(マウスコンピューター)

マウスコンピューターでは、クリエイターモデルのラインアップが多くデスクトップPC以上の性能を持ったモデルもあります。

エントリーモデル

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 32GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 約 2.1kg

初めて購入するなら十分な性能です。

スタンダードモデル


クリエイター向けノートPCではありませんが、17.3インチの大画面液晶を搭載しGeForce GTX 1650を搭載したモデル。

高性能モデル

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

こちらはグラフィックスにRTX 2060を搭載したモデル
15.6インチフルHDノングレア液晶ディスプレイを搭載。
性能と携帯性のバランスが取れたモデルですね。

バランスを考えるなら、「DAIV-5N」
を選ぶと良いでしょう。

Adobe After effects 推奨ノートPC(パソコン工房)

ラインアップが多くいろいろ選べるのがこちらのパソコン工房。

エントリーモデル

パソコン工房
Core i7-9750H / PC4-21300 8GB(4GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / GeForce MX250 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.02kg(※バッテリー含む)

入門機としてはバランスの良いモデルです。

スタンダードモデル

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

クリエイターノートパソコンとして標準的な性能です。
メモリはもう少し多いほうが良いですね。

高性能モデル

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 2060 6GB GDDR6 /16.1型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

16インチと珍しいモデル。
「GeForce RTX 2060」を搭載しており、バランスの良いモデルとなっています。

入門機ならドスパラ性能を求めるならマウスコンピューターがおすすめ

見てきましたが、

入門機としては、
ドスパラの

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)

か、
マウスコンピューターの
マウスコンピューター
Core i7-9750H / 32GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 約 2.1kg

が良いでしょう。

高性能モデルとしては、

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

性能とバランスが良いマウスコンピューターのこちらが満足度が高そうです。

ではでは。

© 2020 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介