Corel

Corel VideoStudioが快適なノートPCおすすめ3選

動画編集に特化したソフトウェア「Corel VideoStudio」が快適に動作するノートPCを比較した結果から紹介しています。

おすすめノートPC

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 約 2.02kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1650を搭載した15.6インチゲーミングPC

メモリは32GB、記憶装置は1TB NVMe M.2 SSDを搭載しており、イラストやDTPだけでなく動画編集の入門機にも十分な性能です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-12700H / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 2.07kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチのクリエイターノートPC
メモリは32GBと十分ですが、記憶装置は512GBと必要最低限です。
バランスが良いモデルですが、カスタマイズするなら記憶装置を容量を増やすか追加するがおすすめです。
悩んだ場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900H / 32GB PC5-38400 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD Gen4×4 / 16型 WQXGAノングレア / GeForce RTX 3070 Ti Laptop / 約 1.65kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した16インチのクリエイター向けノートPC
イラストや写真加工だけでなく、動画編集には十分なスペックです。
メモリも32GB、SSDも1TBと十分なので、少しでも快適な環境を探している方向けなモデルです。


ASUS クリエイター向け製品

Corel VideoStudio のメーカー推奨スペックを確認

まず、必要なスペックについて、公式サイトから見てきます。

Corel のビデオ編集ソフトウェア - VideoStudio Pro 2022

オペレーティングシステム Windows 11、Windows 10、Windows 8、64 ビットのみ
プロセッサ 標準ビデオには、Core i3 または AMD A4 シリーズ。HD および UHD ビデオには、Intel Core i7 または AMD Athlon A10
RAM D および UHD ビデオには、4 GB 以上および 8 GB 以上を強く推奨
グラフィックス カード 最低画面解像度:ハードウェア デコード アクセラレーションには 1024 x 768、最小 512 MB の VRAM 以上を強く推奨
サウンドカード Windows 対応サウンド カード
ハードディスク空き容量 最低 6 GB の空き容量(フルインストール用)
その他 インストール、登録、アップデートにはインターネット接続が必要

こちらから必要スペックを見ると、

CPU  :Core i5 以上
メモリ:16GB以上
ストレージ:SSD 250GB、HDD1TB 以上
グラフィックス:GeForce RTX 3050 以上

という構成となります。

ただ、グラフィックス性能は、ハードウェアエンコーダ機能で利用されるのですが、グラフィックス性能が低いと逆に時間がかかります。
そのため、グラフィックス性能は、GeForce RTX 3050以上が高速化に有効です。

Corel VideoStudio 推奨ノートPC

日本HP

日本HPのWindows 10 Proを採用した15.6インチのゲーミングPC
ゲーム用ですがメモリは「32GB」、記憶装置には「512GB SSD+2TB HDD」とバランスが良いです。
デスクトップ用の専用グラフィックスGeForce RTX 2080 SUPERを搭載しており、負荷の高い作業も快適にこなせます。

日本HP
Intel Core i7 10850H / 32GB 2666MHz DDR4 / 1TB M.2 SSD (PCIe、NVMe、TLC) / 15.6インチ 15.6インチ 4K UHD OLED 液晶ディスプレイ / NVIDIA GeForce RTX 2070 with Max-Q Design (8GB GDDR6) / 約1.9 kg

日本HPのクリエイター向けノートPC。
高性能な、GeForce RTX 2070 Max-Q Designを搭載したモデル。
メモリを64GBまで強化しておけば不満を感じることはないでしょう。

マウスコンピューター

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 約 2.02kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1650を搭載した15.6インチゲーミングPC

メモリは32GB、記憶装置は1TB NVMe M.2 SSDを搭載しており、イラストやDTPだけでなく動画編集の入門機にも十分な性能です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-12700H / 32GB PC4-25600 /1TB NVMe対応 M.2 SSD / 16型 WQXGAノングレア / GeForce RTX 3050 Ti Laptop / 約1.55kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3050 Ti Laptopを搭載した16インチのクリエイター向けノートPC
メモリは32GB、記憶装置も1TB NVMe M.2 SSDと十分です。
動画編集用の入門機を探しているなら、こちらがおすすめです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-12700H / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 2.07kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチのクリエイターノートPC
メモリは32GBと十分ですが、記憶装置は512GBと必要最低限です。
バランスが良いモデルですが、カスタマイズするなら記憶装置を容量を増やすか追加するがおすすめです。
悩んだ場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900H / 32GB PC5-38400 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD Gen4×4 / 16型 WQXGAノングレア / GeForce RTX 3070 Ti Laptop / 約 1.65kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した16インチのクリエイター向けノートPC
イラストや写真加工だけでなく、動画編集には十分なスペックです。
メモリも32GB、SSDも1TBと十分なので、少しでも快適な環境を探している方向けなモデルです。

パソコン工房

パソコン工房
Intel Core i7-12700H / DDR4-3200 S.O.DIMM (PC4-25600) 32GB(16GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.02kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した15.6インチノートPC
メモリは32GBと十分。グラフィックデザインだけでなく、動画編集にも十分な性能です。

Lenovo

Lenovo
AMD Ryzen 5 5600H / 16GB PC4-25600 DDR4 SDRAM SODIMM (8GBx2) / 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe / 15.6" FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 300 nit, 165Hz, LEDバックライト / NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6 / 約 2.4kg
Intel Core i7とGeForce RTX 2080 Max-Qを搭載した15.6インチノートPC
ゲーム用ですが、メモリは32GBと十分です。

最後に

比較した結果、下記3モデルから選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400H / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 約 2.02kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1650を搭載した15.6インチゲーミングPC

メモリは32GB、記憶装置は1TB NVMe M.2 SSDを搭載しており、イラストやDTPだけでなく動画編集の入門機にも十分な性能です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-12700H / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 WQHDノングレア / GeForce RTX 3060 Laptop / 約 2.07kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060 Laptopを搭載した15.6インチのクリエイターノートPC
メモリは32GBと十分ですが、記憶装置は512GBと必要最低限です。
バランスが良いモデルですが、カスタマイズするなら記憶装置を容量を増やすか追加するがおすすめです。
悩んだ場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900H / 32GB PC5-38400 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD Gen4×4 / 16型 WQXGAノングレア / GeForce RTX 3070 Ti Laptop / 約 1.65kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Laptopを搭載した16インチのクリエイター向けノートPC
イラストや写真加工だけでなく、動画編集には十分なスペックです。
メモリも32GB、SSDも1TBと十分なので、少しでも快適な環境を探している方向けなモデルです。

-Corel
-

© 2022 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介