イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのノートPCを紹介するサイトです。

Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

【CAD/AdobeCC】Quadro搭載クリエイターノートPCを比較。選び方とおすすめを紹介

クリエイター向けノートパソコンの中でも
「Auto CAD」や「Adobe CC」といった処理を専門にするノートパソコンについて見ていきたいと思います。

おすすめは、
14インチクリエイターパソコンとしては、

15.6インチクリエイターノートパソコンとしては、
Lenovo

マウスコンピューター


が良いでしょう。

では、クリエイターモデルの中でも高額な部類になる「NVIDIA Quadro」を搭載したパソコンとの違いなども気になる方のために、
そういった面も見ていきたいと思います。

GeForceを搭載したクリエイター向けノートパソコンについてはこちら。

NVIDIA Quadroとは

CADやプロダクション3DCGのモデリング、医療イメージングなどといった業務用途に設計されており、OpenGLに最適化されている。そのため、ゲームアプリケーション向けのMicrosoft DirectX (Direct3D) に最適化されたGeForceシリーズと対比される。

ということで、CADや3DCG用のグラフィックスで本格的な作業するプロやプロユースの方。
建築の設計を行う企業の方。
でしょうか。

「Quadro」の特徴としては、
上の記載にある「OpenGL」に最適化されていること。
3Dの描画が正確に表示される点です。
なお、「GeForce」は高速に表示することを優先されているという違いがあります。

また、
GeForce が約1677万色表示
なのに対し、
Quadro が約10億6433万色を表示
できることから、より本物に近い色使いが再現できます。

そのため、CADやAdobeなどで、より正確な再現を求めるとなるとQuadro搭載するモデルとなるわけです。

では、各社のQuadroを搭載したパソコンを見ていきたいと思います。

マウスコンピューターQuadro搭載ノートパソコン

15.6インチモデル


価格は209,800 円 (税別)~
となりますが、

この中で買うならSSDとHDDを搭載している、


がおすすめです。

やはり、
NVIDIA Quadro P3200 / 6GB
というのは、すごいですね。
バッテリー駆動時間約8.1時間、グラフィックス搭載で2.3kgと軽量
となっています。
15.6インチのノートとしては、2.3kgというのは、普通です。
ただ、専用グラフィックスを搭載しているものとしては、珍しいですね。

日本HP Quadro搭載ノートパソコン

17.3インチモデル

VR対応17.3インチの
大画面ワイド液晶採用。
最高峰モバイルワークステーション。

こちらは、日本HPの最高級ノート
最上位モデルの「エクスクルーシブ」については
グラフィックスは
NVIDIA® Quadro® P5200 (16GB GDDR5)
を搭載
CPUにはXeonを採用していたりとパソコンではなくワークステーションというのがよくわかります。
なお、価格は ¥956,000(税抜)~
と価格も素晴らしいですね。

14インチQuadro搭載モデル

HP史上最も強力なデタッチャブルワークステーション。高いパフォーマンスと多用途性を備え、
幅広いシーンで活躍可能なスタイリッシュマシン。Adobeアプリケーション機能を引き出し、優れた真価を発揮します。

NVIDIA® Quadro® M620を搭載

14インチな2in1ノート
こちらは、
・フォトグラファーモデル
・デジタルアーティストモデル
・プロデジタルアーティストモデル
とラインアップされていますので、わかりやすいです。
こちらのモデルは
価格 ¥368,000 (税抜)~
とモバイル用のCPUとグラフィックスを利用していることから価格も抑えられていますね。

レノボのQuadro搭載ノートパソコン

17.3インチモデル

快適な作業性を誇るフラッグシップ・モバイル
・17.3型の大画面、4K ディスプレイを選択可能
・6コアのXeonプロセッサーまたは、第8世代インテルCore搭載可能
・ハイエンドのNVIDIAQuadro®シリーズのグラフィックス搭載
・VR対応、ISV認証を取得

選択可能なQuadroは
NVIDIA Quadro P620
NVIDIA Quadro T2000
NVIDIA Quadro RTX 4000
NVIDIA Quadro RTX 5000
となってます。

販売価格も¥321,840~
と良い値段がします。

15.6インチモデル


グラフィックスに
Quadro P520
を搭載


グラフィックスには、
NVIDIA Quadro T1000
NVIDIA Quadro T2000
NVIDIA Quadro RTX 4000

ディスプレイも
LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、1,677万色、16:9) 、光沢なし
LEDバックライト付 15.6型 UHD IPS液晶 (3840×2160ドット、1,677万色、16:9) 、マルチタッチ対応
となってます。


こちらは、
P53の性能にAdobeRGB100%を採用した最新モデル。
P53を選ぶよりこちらのほうがおすすめですね。

こうやって見ると
と17.3インチのモデルに比べ落ち着いた感があるスペックですが、それでもかなりの高性能ですね。

Quadro搭載クリエイターノートPCのまとめ

ノートパソコンの中では大きく3種類
17.3インチのディスプレイを搭載したデスクトップの代わりとして利用する
日本HP
Lenovo
の2機種ですね。

この中で選ぶなら、
日本HPとLenovo
のどちらかとなりますが、Quadroを複数から選べるLenovoは良いですね。

15.6インチのモデルとしては、
各社ありますが、

Lenovo

マウスコンピューター

あたりですかね。

モバイル用となる「14インチ」は、選択肢がほぼなく
日本HP
のみでした。


が軽量1.5kgを切るため、専用グラフィックスを搭載したモデルの中では軽量です。
こちらは、ワコムペンに対応しており、直接イラストを画面に描けるので、イラストを書きたい方にもよさそうですね。

とノートパソコンを見てきました。
こうやって見ると、目的が決まっていれば、サイズが決まりおのずとどれを買えばよいかわかるかと。

こう見ると、
日本HPとLenovoは価格も妥当ですし、ラインアップも良いです。
マウスは価格を抑えてあまり悩みたくない人向け(企業担当者向け)でしょうか。
富士通は、関係者向け。

Quadro搭載ノートパソコンは、まず日本HPを見ておくべきというところですね。
icon
icon
HP ZBOOK x2
icon
こちらだけでなく、AMDの同等製品(AMD Radeon Pro)を搭載したモデルもあります。

ではでは。

Copyright© Creator's notePC/クリエイターズノートPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.