【Maya】3D アニメーション・3D モデリング向けクリエイターノートPCを比較した結果からおすすめを紹介

「Maya」3Dアニメーション・3D モデリングソフトウェアが快適なクリエイター向けノートPCについて調べてみました。

3DCGにおすすめなノートPC

高性能モデル

マウスコンピューター
Core i7-10875H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg
15.6インチ液晶GeForce RTX 2060を搭載したモデル
ドスパラ
Core i7-9750H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / GeForce RTX 2070 MAX-Q 8GB / 15.6インチ リフレッシュレート144Hz フルHD 液晶 (LEDバックライト / 1920×1080ドット表示) /約1.87Kg(内蔵バッテリー含む)
15.6インチGeForce RTX 2070を搭載したモデル。

公式サイトの確認済みグラフィックスを確認すると、

必要スペック

まず、公式サイトより推奨スペックを確認してみました。

「Maya」の必須・推奨スペック

Maya | 3D アニメーション・3D モデリング 制作ソフト | Autodesk
Maya | 3D アニメーション・3D モデリング 制作ソフト | Autodesk

Maya は 3D CG 制作ソフトです。パワフルなモデリング、レンダリング、シミュレーション、テクスチャリング、アニメーション ツールなどを搭載しており、アーティスト、モデラー、アニメーターなどプロ ...

続きを見る

CPU 64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
RAM 8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)
ディスク空き容量 インストール用に 4 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイス 3 ボタン マウス

これに加え、推奨グラフィックスが別ページで公開されています。

これだと正直分かりませんので、現在販売されているパソコンに読み変えます。

CPU Intel Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce RTX 2060以上/Quadro P620/Fire Pro 以上
ACTIVE STEREOSCOPIC VIEWPORT MODEを利用する場合はQuadro/FireProを推奨

確認済みで現在販売されている専用グラフィックスに、GTX 1650/ GTX 1660が入っていません。
記載されているのは、RTX 2060以上。
かなりの性能が必要と判断できます。
また、Intel CPU内蔵グラフィックスも確認されていますが、こちらはあくまで動いたというレベルでしょう。
快適とは程遠い結果となりそうです。

「Maya」の推奨される実スペック

上から導き出された結果については、以下のとおり。

CPU Intel Core i7以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス Geforce RTX 2060以上

結果、上記の組み合わせぐらいが実際の選択肢になります。
本格的な作業を考えると、メモリだけでも増やしておきたいところです。
また、予算に余裕があればQuadroを搭載したモデルを選ぶとよいでしょう。

Quadro搭載クリエイターノートPCを比較した結果からおすすめを紹介【 P520 P620 T1000 T2000 RTX3000 RTX4000 RTX5000】

クリエイター向けノートパソコンの中でも「Auto CAD」や「Adobe CC」といった処理を専門にするQuadroを搭載したノートパソコンについて見ていきたいと思います。 おすすめは、 15.6イン …

推奨ノートPC(ドスパラ)

ドスパラのクリエイター向けノートPCですが、

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)

のみとなっております。
グラフィックスが必須スペックとなっていますが、それ以外は十分な性能です。

ドスパラ
Intel Core i5-10300H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 500GB NVMe SSD / HDD 無し / 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示) / NVIDIA GeForce GTX 1650Ti GDDR6 4GB + インテル UHDグラフィックス / 約2.1kg

こちらは、ドスパラのゲーミングノートPCから。
入門機としてはこのまま利用しても、十分な性能です。

ドスパラ
Core i7-9750H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / GeForce RTX 2070 MAX-Q 8GB / 15.6インチ リフレッシュレート144Hz フルHD 液晶 (LEDバックライト / 1920×1080ドット表示) /約1.87Kg(内蔵バッテリー含む)

こちらも、ドスパラのゲーミングノートPCから。
メモリが32GBに増やしたいところですが、変更できません。

ドスパラ
Intel Core i7-9750H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / 17.3 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート240Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示) / GeForce RTX 2080 GDDR6 8GB

こちらは、17.3インチで大画面。そしてGeForce RTX 2080を搭載した高性能モデルです。
メモリを32GBへ変更できるので、ノートPCとしては高性能なモデルとなります。

推奨ノートPC(パソコン工房)

パソコン工房
Core i7-10700 / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2 / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 6GB GDDR6

「SENSE∞」パソコン工房のクリエイターノートPC
そんな中からクリエイティブな作業も十分できるものをピックアップ
ノート用第9世代のCore i7を搭載しておりメモリ16GBとクリエイティブな作業も十分です。
専用グラフィックスであるGeForce RTX 2060を搭載しているのも良いですね。

推奨ノートPC(マウスコンピューター)

マウスコンピューターでは「DAIV」というクリエイター向けブランドを展開しています。
実際利用した限りでは、高性能で高いレベルでバランスがとれています。

マウスコンピューター
Core i7-10875H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg

メモリ16GBと最低限ですが、RTX 2060と高性能なグラフィックスを搭載しています。

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD /1TB HDD / GeForce RTX 2060

こちらは上記モデルのお得なカスタマイズモデル。期間限定なので気に入ったなら是非。

予算が許すなら、メモリを32GBに増やしておくと良いですね。

マウスコンピューター
intel Core i7-9700 / 16GB PC4-19200 / 512GB Intel 660p NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2080 / 17.3型 4K-UHDノングレア

性能を求めるならこちら。デスクトップの性能をそのままノートPCにしたもの。

最後に

3社のクリエイター向けノートPCを見てきました。
入門機としては、
ドスパラの

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)


マウスコンピューター
Core i7-9750H / 32GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 約 2.1kg

が良いですし、

もっと本格的なモデルを探しているなら、

マウスコンピューター
intel Core i7-9700 / 16GB PC4-19200 / 512GB Intel 660p NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2080 / 17.3型 4K-UHDノングレア

マウスコンピューターのこちらか

パソコン工房
Core i7-10700 / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2 / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 6GB GDDR6

パソコン工房のこちらが良いでしょう。

性能にこだわるなら、
マウスコンピューターの

マウスコンピューター
Core i7-10875H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg

などでも良いですね。

ドスパラについては、クリエイター向けノートPCがほぼないので、ゲーム用のノートPCも対象として確認すると良いでしょう。

ではでは。

© 2020 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介