Adobe illustrator CC推奨ノートPCの選び方。比較した結果のおすすめを紹介

Adobe社「Adobe illustrator CC」を快適に利用できるノートPCを確認します。

お急ぎの方のために
Adobe製品が快適に動作するおすすめのノートPC3選

マウスコンピューターの

マウスコンピューター
intel Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB Intel 660p NVMe対応 / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア / 約 2.1kg

GeForce GTX 1650を搭載していながら、15.6インチのノートPCとしては軽量な部類であり持ち運び安いノートPCです。

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

上記モデルからGeForce RTX 2060へ変更したモデルです。

パソコン工房の

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

こちらは、パソコン工房のデュアルストレージモデル。
メインのノートPCを探している人にはこちらも見ておくと良いでしょう。

これ以上の本格的なものを探すならまだありますが、
このあたりを目安にしておくと良いかと。

Adobe illustrator CCの推奨動作環境

Adobe illustrator CCを快適に利用するために必要なスペックとは、どういったものでしょうか?

Adobe社の公式サイトから、見てみます。

プロセッサー Intel マルチコアプロセッサー(64 ビット対応必須)または AMD Athlon 64 プロセッサー
オペレーティングシステム Microsoft Windows 7(64 ビット、Service Pack 1)または Windows 10*(64 ビット)
RAM 8 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨)
ハードディスク 2 GB 以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)、SSD を推奨
モニターの解像度 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)
Illustrator でタッチワークスペースを使用するには、Windows 10 を実行しているタッチスクリーン対応タブレット / モニター(Microsoft Surface Pro 3 を推奨)が必要です。
GPU OpenGL 4.x
オプション:GPU パフォーマンスを使用するには、Windows に 1 GB 以上の VRAM(4 GB 以上を推奨)があり、コンピューターで OpenGL バージョン 4.0 以降がサポートされている必要があります。
インターネットに接続可能 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

Adobe Illustrator の必要システム構成

ここからわかるのは、

CPU 64bit対応
メモリ 8GB以上
記憶装置 2GB以上のHDD、SSDを推奨
ディスプレイ 1,920 x 1,080 以上を推奨
GPU OpenGL 4.x
VRAM 4 GB 以上を推奨

これをクリアするノートPCを見つければよいということになります。

Adobe illustrator CCを快適に利用できるノートPCとは

では、ここからAdobe illustrator CCが快適に動作するノートPCのスペックについて見ていきます。

CPU

Adobeのサイトでは、CPUがなにが良いかわかりませんでした。
ここでは、簡単な作業であればCPUのコア数が2コアでも問題ありませんが、
複数の作業を4コア以上のCPUが推奨となります。

なお、ノート用CPUで現在販売されているモデルでは、
intelなら第8世代以降のCPUである
intel Core i5 8××U または 8xxH
intel Core i5 9××U または 9xxH
以上

Intel Core i5 – Wikipedia

AMDなら
AMD Ryzen 第3世代以降のCPUである
Ryzen 5 2500U
Ryzen 5 3500U
以上

Ryzen – Wikipedia

を搭載したモデルが良いとなります。

Intelなら
Intel Core i5 9300H以上

AMDなら
AMD Ryzen 5 3550H以上

となりますね。

メモリ

Adobeの公式サイトで確認すると、
8GB以上
16GB以上
が推奨と記載されています。

そのまま見ても良いですが、
予算が許せば、32GBへカスタマイズすると良いでしょう。

グラフィックス

Adobeの公式サイトで確認すると、
OpenGL 4.x
VRAM 4GB以上

OpenGLについてですが、

OpenGL(オープンジーエル、Open Graphics Library)は、クロノス・グループ (英: Khronos Group) が策定している、グラフィックスハードウェア向けの2次元/3次元コンピュータグラフィックスライブラリである。SGI社内で自社のCGワークステーション向けにクローズドに策定されたAPI仕様が改良されて公開され、後に大きなシェアを持つに至った。現在は多様な描画デバイスを包括するグラフィックスAPIのオープン標準規格として策定が行なわれている。

OpenGL – Wikipedia

NVIDIAから確認すると
NVIDIA GeForce GTX 1650 以上
NVIDIA Quadro P2000 以上

AMDから確認すると
AMD RADEON RX 5500以上
AMD FirePro W5100以上
となります。

ラインアップの豊富さから見ていくと、
NVIDIA GeForce GTX 1650 以上
NVIDIA Quadro P2000 以上
を基本とします。

ディスプレイ

Adobeの公式サイトで確認すると、
1,920 x 1,080 以上を推奨
と記載されていますので、そのまま採用されているディスプレイを選びます。

おすすめなノートPC

必要スペックを確認しました。

結果、

CPU intel Core i5 9300H以上
メモリ 8GB以上
記憶装置 SSD搭載
ディスプレイ 1,920 x 1,080 以上を推奨
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 以上
NVIDIA Quadro P2000 以上

を搭載したノートPCを探します。

Adobe illustrator CC推奨クリエイターノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューターから3機種

マウスコンピューター
intel Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB Intel 660p NVMe対応 / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア / 約 2.1kg

GeForce GTX 1650を搭載したモデル。
メモリも16GBと十分ですし、SSDもNVMe M.2 SSD と高速なモデルを採用しています。

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

GeForce RTX 2060を搭載したモデル。
上記モデルからグラフィックスを強化したモデル。
上記モデル同様、メモリも16GBと十分ですし、SSDもNVMe M.2 SSD と高速なモデルを採用しています。


こちらは、Quadro P3200 を採用した企業向けモデル。
※企業向けモデルと言いながら、個人でも購入できます。

Adobe illustrator CC推奨クリエイターノートPC:ドスパラ

ドスパラには、クリエイター向けノートPCは1機種

ドスパラ
intle Core i7-8565U / 16GB DDR4 SO-DIMM / 1TB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce MX150 / 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示) / 約1.80kg(バッテリー含む)

ドスパラでは、クリエイター向けノートPCはこちらのみ。
少しスペックが低いのですが、必須レベルはクリアしています。

Adobe illustrator CC推奨クリエイターノートPC:パソコン工房

パソコン工房からは、1機種。
パソコン工房では、Adobe illustrator CC推奨モデルとしてこちらのみ。

パソコン工房
Windows 10 Home 64ビット / Core i3-8100 / DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200) / 16GB(8GB×2) / 240GB M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / UHD Graphics 630 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

特徴的なのは、デスクトップ用CPUを採用しているところと、高速なSSDと大容量のHDDを搭載している
ところですね。
ただ、専用グラフィックスであるNVIDIA GeForceなどを搭載していないところ。
※公式サイトにも記載がありますが、デスクトップ用CPU Core i3とノート用CPU Core i5が同等の性能です。

パソコン工房のクリエイター向けノートPCのラインアップを確認すると、
専用グラフィックスを搭載したモデルがあります。
そんな中から1つ。

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

全体的なバランスも良いモデル。
上のモデルとの違いは、ノート用のCore i7と高性能なCPUを採用しているところと、
NVIDIA GeForce GTX 1650を採用しているところです。

最後に

Adobe illustrator CCにおすすめなノートPCを
国内BTOメーカー3社で確認してきました。

購入するなら、
マウスコンピューターの

マウスコンピューター
intel Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB Intel 660p NVMe対応 / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア / 約 2.1kg

か、
マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2060 / 約 2.4kg

パソコン工房の

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

が良いでしょう。

ではでは。

© 2020 クリエイターノートPCのすすめ|人気ランキングやメーカーの比較とおすすめを紹介